Profile

  • Vocal菊地由利子Yuriko Kikuchi
  • Piano高橋朋子Tomoko Takahashi
サエラ:フランス語で「あちらこちら」の意。
ボーカル菊地由利子(青森県鶴田町出身)、ピアノ高橋朋子(青森県五所川原市出身)。
93年にデュオを結成、青森を中心に活動を開始。
「あちらこちら」という意味を持つサエラの名の通り、
歌謡曲から童謡、民謡まで様々なジャンルの音楽を分け隔てなく聴き自身の楽曲に取り組んできた。

その美しい歌と素朴な津軽弁は多くの人々の心に響き、
創業者である大里洋吉氏にスカウトされ㈱アミューズに所属する。(2010年~2015年)
2010年10月、シングル「白もくれん」、同年11月、60曲入り4枚組みアルバム「うた~by60sixty」で
徳間ジャパンから50代にして念願のメジャーデビュー。

エルダー層が求める上質なエンターテインメントが乏しい現在、時代が求める「音楽」を表現するデュオとしてファンが急増し続けている。
本物の歌唱力は、長く親しまれる存在感を醸し出し、コンサートではオリジナル曲のほか、歌謡曲、童謡、民謡からも名曲を披露。

2011年11月、コンサートで人気の曲を贅沢に選曲した「セレクトアルバム」を発表。
2012年6月、テイチク移籍・第一弾シングル「セバマダノ~風の恋文~」リリース。
2013年4月、コンピレーションアルバム・Mプロジェクト「みんなの声(うた)」に参加。
爆風スランプの名曲「大きな玉ねぎの下で」をカバー。
2014年8月、上地等(BEGIN)サウンドプロデュースによる、歌謡曲カバーアルバム「大好き!」リリース。

ラジオレギュラー 好評オンエア中!
RAB 青森放送 「サエラの想いで散歩道」
毎週日曜日 午前11:30~12:00

News & Event

重要なお知らせ

新型コロナウィルスの影響による公演の中止のご報告

度々中止のお知らせをしておりますが、サエラサロン全会場中止に続き、6月6日五所川原オルテンシア 6月7日八戸市公民館、7月5日弘前文化センターでのサエラスペシャルコンサートにつきましても 新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮した結果、全会場の開催中止を決定いたしました。

チケット払戻し方法については当日各会場(14:00~16:00)及びサエラサロンの払戻し会場にて ご返金させて頂きます。 ただ日々状況が変化している折、 ご来場が困難な時はチケットを保管していただき、 次回のコンサート等の機会に返金・対応させて頂きたいと思います。

尚、不明な点がございましたらサエラ事務所(0173-26-7755)までご連絡下さい。

ご来場を予定されていたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


                                        サエラ  
? 過去の活動についてはこちら

Music

十三の砂山/CaetLa